2015y07m26d_171116409

『HEROES』ヒーローズ シーズン4のあらすじと感想

Sponsored Link

Sponsored Link

シーズン4はファイナルシーズンということでしたが、シーズン5が制作、放送されるのは決定されたので、ファイナルシーズンという言葉が適切かどうかは微妙だが、ファイナルシーズンでは最後が素晴らしい新世界とあるので、大きな区切りのあとの5シーズンと思ってよさそうだ。シーズン1~4までは追加キャストはあるものの基本的にはシーズン1からのキャストが中心の話。しかし、5からはキャストを発表しているが、かなり多くの新キャストが登場しそうです。

Wikiより

シーズン4 (ファイナルシーズン)

volume5 タイトル”贖罪 Redemption”

大統領に成り代わろうとしたサイラーにネイサンとしての記憶を植え付けて封印してから6週間、彼らとその家族はそれぞれ新しい生活を送っていた。
ニューヨークでは、ピーターは引き続き救命士として働いていた、だが彼一人では能力を使っても救える命には限界があると感じ始める。ネイサンは自身に違和感を覚えその事を母アンジェラに相談し、アンジェラはネイサンの中にサイラーが復活しかけている事を知りマットに助けを求めるが「俺を巻き込むな」と断られてしまう。
一方ロサンゼルスでは、マットは今では警官に復職し能力を封印して生きる決意をしていた、だがそんな中彼の前にサイラーが現れ「俺の体を返してくれ」と言う。
そしてヴァージニア州では、クレアは家族と離れ大学に通い、学生寮で暮らしていた、だがキャンパスで出会ったある女学生に自身がオデッサでのチアリーダー殺人事件の生存者である事を知られてしまう。
その頃ワシントンDCにて、別居中のノアの前に彼の命を狙ってトレイシーが現れる、彼女は能力者狩りに関わっていた者に復讐していたのだ。
遠く離れた日本・東京に帰国したヒロとアンドウはヤマガトの一室で能力を使って新しい事業を始めていたが、その最中ヒロがアンドウにある衝撃の告白をする。
場所不明、サミュエルという男が”家族”の見守る中死んだ兄を埋葬していた。そして彼はその棺に誓った「能力者を集め、復讐を果たす」と、そして彼は”サリバンカーニバル”と呼ばれる能力者のみで構成される集団を率い、謎のコンパスを手にピーター、クレア、ヒロ達能力者に接触し始める。

volume6 タイトル”素晴らしい新世界 Brave New World”

本作のエピローグ。またしても世界を救ったヒーロー達。その場に居合わせたマスコミの前でクレアが…。

HEROES ファイナル・シーズン DVD-SET

HEROES シーズン4  [DVD-SET]

第1話 もうひとつの存在(前編)
 あれから6週間後。ピーターたちはそれぞれ新しい生活を始めていた。ヒロは東京に戻り、ヤマガトの一室で新しい事業を始めていた。ベネットは奇妙な事件に巻き込まれていた。●サミュエル率いる謎の集団「カーニバル」は“彼ら”に近づこうとしていた。
第2話 もうひとつの存在(後編)
●マットは力を使うことを封印していたが、ある幻覚に悩まされていた。●クレアは大学に入学したが友達のアニーが転落死、遺書もみつかったが、信じられないクレアは真相を突き止めることに
第3話 インク
●クレアは友達のグレッチェンを避けていたが、グレッチェンはクレアから真実を聞き出そうと迫る。それを知ったベネットは、グレッチェンの記憶を消そうと考えるが、クレアに止められる。●サミュエルはニューヨークに出て来て、ピーターに近づく。
第4話 受容
 ●ヒロは、人助けビジネスで新たな依頼を受ける。依頼主はタダシと名乗るヤマガト社員。●「自分の人生じゃない気がする」と悩むネイサンを見かねて、アンジェラはネイサンの古い荷物を持ってオフィスを訪ねる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第5話 記憶
 ●ピーターは、車に引かれそうになったエマを偶然助ける。その後、彼の能力に変化が。●クレアは友人グレッチェンと共に平和な学生生活を満喫していた。しかしグレッチェンがクレアに関する情報を調査していたことが分かり、グレッチェンへの不信感が募っていく。
第6話 無垢
 サミュエルはサイラーの中に二つの人格が存在することを知り、本当の自分を思い出させようとする。●弱っていくヒロを助けようとピーターはベネットと一緒に治癒能力を持つ少年ジェレミーを訪ねる。●入院中のヒロはエマに能力の素晴らしさを教えようと奮闘する。
第7話 モンスター
●クレアは社交クラブに入るために、新入生歓迎“ゲーム”をすることになる。●治癒能力を持つ少年ジェレミーは両親を殺した罪で保安官事務所に拘束されてしまう。●ベネットはトレイシーに助けを求め、なんとかジェレミーを釈放させようとする。●マットはサイラーに操られることを恐れ、家族を守るためにも、家を出ることを決める。
第8話 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・テキサス
●3年前のテキサスにテレポートしたヒロ。そこにはサイラーに殺される前のチャーリーがいた。ヒロはチャーリーを死なせてしまったという過去最大の過ちを正そうとする。●サミュエルもまた、ヒロを追って3年前のテキサスへ向かっていた。
第9話 光と影
●サイラーは自分の体を取り戻そうとニューヨークを目指していた。●女子学生に再生能力を見られてしまったクレアは、なんとかその場はごまかすものの、ベネットに助けを求める。
第10話 命の番人
●9週間前。インドで平穏に暮らしていたモヒンダーは、父の残したフィルムを見つける。そこには生まれたばかりのサミュエルの記録が残っていた。モヒンダーはサミュエルを探そうとカーニバルの居場所をつきとめる。だが応対したのはサミュエルの兄ジョセフだった。●ピーターはハイチ人からあることを知らされる。
第11話 感謝祭
●ベネットは感謝祭にクレア、サンドラ、サンドラの恋人ダグを招待するが、そのディナーの席上でクレアは「大学をやめる」と言い出す。●アンジェラは息子たちと一緒に感謝祭を過ごそうと、ピーターとネイサンを尋ねる。
第12話 第5段階
●サミュエルはイーライを使ってベネット宅からプリマテックの能力者に関するファイルを奪う。●クレアとグレッチェンはコンパスに導かれカーニバルに到着していた。カーニバルでは人々が自分の能力を活かし堂々と生きていることにクレアは共感を覚える。●ピーターはネイサンを探す。
第13話 悲願
●カーニバルに残ったクレアがサミュエルのトレーラーに朝食を運ぶと、そこでプリマテックの箱を目にする。すぐにベネットの持ち物だと気づいたクレアはサミュエルに不信感を抱く。●ヒロは東京に瞬間移動していた。支離滅裂なことを口走り警察に連行されるヒロだが、幸い名刺を持っていたためヤマガト工業に連れて行かれ、アンドウと再会する。
第14話 ダメージ
●ネイサンのことでピーターを心配したアンジェラは、クレアにピーターを見守ってほしいと頼む。●ベネットの元に、ナイフ使いのエドガーが現れる。ベネットはエドガーを捕まえあらゆる手段を使って情報を引き出そうとする。やがてエドガーはある告白を始める。
第15話 執着
●アンドウはヒロが必死に伝えようとしていることがモヒンダーのことであることを理解し、助けに向かう。サミュエルの行方を捜していたベネットは、サミュエルが幼い頃に一緒に育ったヴァネッサという女性の存在を知る。カリフォルニアのマットに協力を頼み、2人でヴァネッサに会いに行く。
第16話 開眼
病気が悪化し、ついに倒れたヒロは病院へ運ばれ、手術を受けることに。手術の間ヒロは奇妙な夢を見る。一方、孤独な死を恐れるサイラーは答えを求めてクレアの元へ向かっていた。
第17話 謀略
●クレアを取り戻そうと、ベネットはカーニバルの様子をうかがっていた。●エマの身を心配するピーターは、エマを救えるのがサイラーしかいないのでは、と考える。サイラーは再びマットの元を訪れていた。
 第18話 壁 The Wall
●夢の中に閉じ込められたサイラーを連れ戻そうと、ピーターはその悪夢の中に入っていく。無事にサイラーを見つけるものの、そこから抜け出す方法が見つからない。●ベネットはカーニバルを襲ったという濡れ衣を着せられ拘束される。クレアは解放するよう頼む。
 第19話 素晴らしい新世界
● ピーターとサイラーは、サミュエルの企みを知り、セントラルパークへ向かう。脳腫瘍から回復したヒロもサミュエルを倒しに行こうとするが、看護師より、ある患者からのメモをもらう。●地中に埋められてしまったクレアとベネット。ベネットはどんどん衰弱していく。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>