2015y10m27d_001541519

ヒーローズ リボーン あらすじ エピソード第11話

Sponsored Link

Sponsored Link

ヒーローズ リボーン あらすじ エピソード第11話

見てない方はネタバレに御注意ください。
HEROES Reborn EPISODES #11

111話:クローンとの決戦

ルーク(ザッカリー・リーヴァイ)とマリナ(ダニカ・ヤロッシュ)は、世界の崩壊を阻止しようと、トミー(ロビー・ケイ)を探す旅に出る。しかし、クエンティン(ヘンリー・ジェブロフスキー)、彼の妹のフィービー(アイスリン・ポール)、そしてハリス(クレ・ベネット)のクローンに阻止されてしまう。トウモロコシ畑の中を追跡された後、ルークはクローンを撃退してフィービーを不動にし、クエンティンを彼らの仲間になるように説得する。

エリカはトミーを、アン(クリスタ・ブリッジ)とエミリー(ガトリン・グリーン)に再会させる。ふたりはカーボンデールの崩壊後、オデッサに避難していた。トミーはエリカと地下施設に行くことを承諾する。そこでトミーは、彼がのちに使うことになる、人間を未来に移送するアンプリファイアー チェアー(トミーの能力を増幅させる装置)を見せられる。

サンストーン荘園では、ルネ(ジミー・ジャン-ルイ)とテイラー・クラヴィッド(イヴ・ㇵーロウ)が、マット・パークマン(グレッグ・グランバーグ)に彼ら側に付くようにと立ち向かう。しかしマットはテイラーを人質として利用することが将来のためになると確信している。

スポンサーリンク

施設内でカルロス(ライアン・グスマン)はファラ、ホセ(ルシウス・ホヨス)、マウルシオ神父(カルロス・ラカマラ)と合流する。そしてベンガドールの装備を着装し、マイカ(ノア・グレイ-ケイビー)を含む監禁されていたイヴォ達を救い出す。その過程で、マウルシオ神父は射殺される。そしてマイカは世界中のメディアチャンネルを支配し、エリカの陰謀を暴露する。

トミーはミコと未来で会うことが運命だったと気づき、ミコをサンストーン荘園に送り込み、そこでミコはハリス・プライムと対決する。その壮大な戦いで、ミコはハリスを倒し、彼のクローン達を破壊するが、彼女もピクセル状になって消滅してしまう。

ルノータスでは、気を揉んでいたエリカがジョアンにマリナを探して殺害するように指示する。

ソーラーストーム(太陽嵐)が地球に近づき、世界荒廃の前兆がおとずれる。未来がヒーローズの手に掛かっているのなら、今こそ立ち上がらなければならない。

 

HEROES Reborn あらすじ 全話一覧

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>