2016y05m03d_230801612

ヒーローズ リボーン 感想とネタバレ 1話 (シーズン1 )

Sponsored Link

Sponsored Link

第1話「素晴らしい新世界」
Brave New World / [ シリーズ通算 #1]

テキサス州オデッサで能力者と人間の共存を目指す平和サミットが開かれる。しかし会場で大規模な爆発が発生、大勢の犠牲者を出す大惨事となる。最愛の娘クレアを失ったベネットは、能力者たちを巻き込んだ陰謀説をとなえるクエンティンと出逢い、不死身のはずのクレアがなぜあのテロ事件で死んでしまったのか、彼女の死の真相を明らかにしようと、独自に捜査を開始する。

スーパードラマTV HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン シーズン1 1話より

はじまりは平和サミットが開かれ、会場で大規模な爆発が発生し、そこで待ち合わせをした不死身のはずのクレアは死んでしまったという設定だが、クレア自体が全く出てこないので、実際死んだのかもも不明というところだ。

第1話で、とりあえず、ほぼ主要人物が出てくる。それぞれのキャラクターがどんな境遇なのか分かるようなストーリーで今までのシーズンではないような、はやいテンポでの登場人物紹介という感じもした。わずか13話なので致し方ないのか。

トミー・クラーク(ロビー・ケイ)登場シーンはアメリカドラマでは定番パターンのいじめられっ子でいじめっ子の彼女が好きとお決まりのパターンでえらく、ベタなストーリーだなと突っ込みたいくらい分かりやすい構図です。

ルーク・コリンズとジョアン・コリンズは登場後いきなり能力者狩り、いったいこの二人は大悪人???

ミコ・オオトモ (祐真キキ)登場はレンを演じる内門徹(ウチカドトオル)とイキナリのW日本人登場! いつもながらのアメリカ人の日本をこんな風に見てるのか?というへんな日本文化風満載でした。ちなみにミコ・オオトモ (祐真キキ)の住んでする住所(レンが持っていた紙きれ)は100-0007 東京都有楽町 3-8-6  ? 732 と書いてあった。 (※もちろん実際にはない)。しかし、手書き感たっぷりでもしかしたら内門徹(ウチカドトオル)さんがほんとに書いたのかもね。

カルロス・ギテレス (ライアン・グスマン)の登場は急逝した兄オスカーに“ベンガドール”のマスクを託され、後は頼むと、、、なんかこのパターンもコテコテやなぁーと思いつつわかりやすい。スパイダーマンか?と、、

しかしながらキャラクターの一番中心になるのは「ベネット」に違いないようです。しかし、ハイチ人、あれ?あっさり死んでしまったけど、、、前シーズンではこの能力が最強ではないかと言われていたんですが、まさかのベネットに、、、、つーか、「ベネット」殺すのになんでロープ?と疑問だらけの突っ込みパターンこれちょっと脚本強引すぎない?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>